So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

簡単!お手軽!絶品!ティラミス [今日のデザート]

ケーキを焼く時間がない時のおもてなし用デザートなら、迷わずティラミス。
短時間で簡単にできて見栄えも豪華、しかも、
本格的なティラミス作りにかかせない、
マスカルポーネチーズやビスコッティ・サヴォイアルディ
(イタリアのフィンガービスケット)がなくても、
ケーキ屋さんに負けないほどの美味しいティラミスが楽しめる。
tms.JPG
型に、濃いコーヒー液(エスプレッソのように、かなり濃いコーヒー液。
インスタントコーヒーでも可。砂糖と風味付けのリキュールを混ぜる)に
浸したシンプルなビスケット(マリーなど)を敷き詰め、
電子レンジで出来るカスタードクリーム、生クリームにクリームチーズと
砂糖を混ぜた物、再びビスケットを交互に重ねて層を作り、
冷蔵庫で一晩以上冷やして、仕上げにココアパウダーを振るだけ。

コーヒーの苦みとチーズクリームの酸味、とろりとした口当たりの
カスタードクリーム、ココアとリキュールの香りが絶妙の簡単ティラミス。
おもてなしにピッタリの大人のデザートは、
ブラックコーヒーをお伴にすれば、いくらでも食べられそう。

共通テーマ:グルメ・料理

土曜の夜のおもてなし [今日のおかず]

親しいバリ人、オーストラリア人、日本人の友人を招いて夕食会。
様々な人種が集う時、迷うのがおもてなしのメニュー。
例えば、豚肉が食べられないイスラム教徒、
野菜しか食べられないベジタリアン、
添加物が一切ダメだったり、マクロビ実践者だったり、
宗教や主義、嗜好によってメニューのチョイスはなかなか難しい。
また、刺身や寿司、煮物などの和食も、食べ慣れていない人にとっては
おもてなしメニューとしては不向きな場合も。
今回は、運良く(?)何でも食べられる人たちだったので、無難に洋食で。
prty.JPG
prty1.JPG
トマトのサラダ、エビピラフ、手羽先のレモンペッパーグリル、
ナスのグラタン、そしてデザートにはティラミス。
食べて、飲んで、共通の趣味の話題で盛り上がった土曜の夜。
国や習慣、言葉の違いはあれど、エンドレスに続く愉快なひとときは、
美味しい物と楽しい会話があればこそ。

共通テーマ:グルメ・料理

バリ島で貧乏鍋 [今日のおかず]

強い雨と風で、またも悪天候のバリ島。
こういう日はじっと家にいるのが吉と、買い物に出かけるのを断念して、
冷蔵庫にかろうじて残っていた物で鍋。
鶏肉、豆腐、もやし、キャベツ、わかめを土鍋に放り込み、
ポン酢ベースのタレであっさりと。
薬味には、おろしニンニク、柚子胡椒、青唐辛子ペースト、
そして、甘酸っぱいチリソース。
簡単で手間いらず、しかも安価で健康的な上に美味。
nabe.JPG
1~2人前用の小さな土鍋は、バリ島に引っ越して来た時に
夫用と自分用にそれぞれ一つずつ、日本から持参してきた物。
最近では、当地の大型スーパーなどでも土鍋を見かけるが、
これが実に重宝で、鍋はもちろん、鍋焼きうどん、ラーメン、おかゆ、
おじやなど、「鍋」兼「丼」として大活躍。
汗をダラダラ垂らしながら、バリ島でつつく鍋。
これもなかなかオツな味。

共通テーマ:グルメ・料理

魅惑のガドガド(温野菜サラダ) [この一品]

白米をなるべく食べないようにしているので、
家では玄米、外食の際にはご飯抜きのおかずだけ。
そこで、最近はまっているのが、「Gado-gado(ガドガド)」という、
温野菜のサラダを主食代わりに食べること。
様々な野菜(モヤシ、キャベツ、インゲン、青菜類、キュウリ、
ジャガイモなど)や、厚揚げ、テンペ(大豆発酵食品)
ゆで卵などを、少し甘めのこってりしたピーナッツ・ソースや
スパイスで和えた「ガドガド」は、インドネシアの代表的な料理で、
ワルン(大衆食堂)、屋台、カキリマ(移動式簡易屋台)、
高級レストランなど、どこででも手軽に食べることが出来る。
gdgd.JPG
gdgd2.JPG
gdgd1.JPG
Gado-gadoとは、本来「ごちゃ混ぜ」という意味。
確かに一見、「グチャグチャ」で見た目があまり良くないので、
以前は敬遠して食べなかったのだが、あっさりした温野菜に、
コクのあるピーナッツ・ソースが絡んで意外な美味しさ。
その上、食物繊維たっぷりな上に、一皿食べると満腹感もあるので
とてもヘルシー。
店によって、ピーナッツ・ソースやスパイスの味も様々なので、
あちこちでガドガドを食べるのが、最近の楽しみになっている。

Gado-gado(温野菜サラダ) 一人前 5,000ルピア~(約40円~)

共通テーマ:グルメ・料理

スープいろいろ [この一品]

赤道直下、およそ寒さとは無縁の常夏の島バリ。
そんなバリ島に、アツアツのスープなど似つかわしくない感じだが、
意外と多いのが汁物の類。
大好物の「ソップ・ブントゥットゥ(牛テール・スープ)
あっさりスパイシーな「ソト・アヤム(チキン・スープ)」
濃厚な旨味たっぷりの「グレ・カンビン(ヤギ肉のカレースープ)」など、
お馴染みの代表的なスープ以外にも、様々な美味しいスープが目白押し。
sup2.JPG
「Sup Jagung Kepiting(カニとコーンのスープ)」
中華料理でお馴染み。バリ島なら100円以下。
sup1.JPG
「Rawon(牛肉のスパイシー・スープ)」
真っ黒で見栄えが悪いが、見た目よりもあっさりしたお味。
sup3.JPG
「Sup Asparagus Ayam(アスパラガスと鶏肉のスープ)」
ホワイト・アスパラガスと鶏肉がたっぷり。とろみがついた塩味。
sup.JPG
「Sup Tahu(豆腐スープ)」
豆乳がベースで、野菜、マッシュルーム、豆腐が入ってヘルシー。
sup6.JPG
「Pangsit Kuah(ワンタンスープ)」
鶏挽肉入りワンタンのあっさりスープ。豪華版では海老入りも。
sup4.JPG
「Sup Asam Pedas(酸味と辛味のスープ)」
いわゆる中華料理の「酸辣湯」風。辛くて酸っぱくて旨い。
sup5.JPG
「Sup Sayuran(野菜スープ)」
青菜、ネギ、人参、ヤングコーン、サヤエンドウ、キクラゲなど野菜たっぷり。

スープいろいろ 一人前 5,000ルピア~10,000ルピア(約40円~約80円)

共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。